居酒屋メニューで赤丸急上昇

以前は比較的珍しかったのに、ここにきて見ることが多くなったメニュー。
メヒカリの唐揚げ
メヒカリはいわき市の魚になっているほどで、関東周辺で獲れる深海魚。
アオメエソとマルアオメエソなどを総称してメヒカリと呼ぶ。
このメニューがチェーンの居酒屋でやたらと目にすることが増えた。
調べてみると、底引き網漁船の漁獲量が減って、現地でバケツ一杯200円で売られていたようなメヒカリが流通するようになったと。
上質な脂がお刺身にしてもおいしいし、唐揚げや天ぷらもおいしい。
ここからは憶測だが、福島県産のメヒカリが安く流通しているのではないかと。
福島産は農産物も海産物も風評被害を受けている。
安全なものでも、福島県産というだけで価格が下がってしまう。
どのチェーン店の唐揚げも頭がないので、頭とおなかをとった加工したものが大量に流通しているのだろう。
チェーン全店で流通するわけだから、かなり量が出回っているのだろう。
こうして、仕入担当が苦労していかに安くておいしいものを探し回っているかがわかる。
加工業者も工夫して売り込んでいるのだろう。
メヒカリの秘密、もう少し探ってみよう。

コメントを残す