がんす

広島市草津地区、呉地区などで食べられている、がんす。
語源は、広島弁で~です、の意味。
広島に住んでいたときは見かけなかった。
今思うと、もっといろいろなところに行けばよかった。
かまぼこの材料(すりみ)に野菜を混ぜたり混ぜなかったり。
それにパン粉を付けてあげたもの。
愛媛県のじゃこ天を揚げた、じゃこカツにも似ている。
少し甘み(化学調味料由来か)があるので、けっこう飽きてしまう味。
居酒屋ではこんなもので420円だもんなあ。
がんす

コメントをどうぞ