風邪が治らず

思い返すと、古賀絵里子さんと行く陶芸ツアーから不調で、約10日経っている。
週末の京都ではおなかが痛くて困り、今はのどが痛かったり気管が痛い。
ここまで長引くと何が何でも風邪を引かないようにするしかないと実感。
外出時にマスクをすること、免疫力をあげること、健康について考え直してみた。
免疫とは体内で自己と非自己を区別することで、非自己となれば抗体を作って排除する。
ただ、抗体ができるまで数日かかるので、それまではおもに白血球などの食作用で防御する。
つまり、体にウイルスや細菌が入ってもすぐに排除できれば発病しない。
免疫細胞の70%近くが腸にあるらしい。
だから、腸内環境を整えないと免疫力アップはのぞめない。
すぐに思いつくのがヨーグルト。
ところが、動物性よりも植物性の発酵食品の方が効果が高いらしい。
というわけで、毎日納豆を食べることにした。
家では全く飲まなかった緑茶も飲むようにした。
あとは適度な運動、これが一番難しい。
なぜなら、飲みに行く以外は外に出ないから。