普悠瑪号

今回の台湾旅行では、はじめて桃園空港を利用して、上陸後は台北に寄らずそのまま台南へ。
反時計回りで、台北を経由して桃園空港に戻るルート。
前回の台湾一周とは反対回りだが、目新しい列車は區間車(通勤電車)と普悠瑪号と言われる新車。
プーユーマーのような読み方で、台湾のミンナン族のミンナン語で集合や団結を意味する言葉らしい。
現在は台北周辺から花蓮までだが、東部幹線が電化した後はこれが闊歩する予定らしい。
日本車輌が製造した振り子電車。
鉄道ファンの愛称(褒めている感じではないが)赤いアヒル、猿顔
普悠瑪