一度に終わらせた

毎年4月の土日の決められた日に銃砲等所持者は所轄の警察に呼び出される、一斉検査がある。
それとは別に、所持許可は3年に一度更新をしなければいけない。
自動車免許と同じく誕生日まで有効で、誕生日の一ヶ月前までに更新手続きを終わらせないといけない。
その一ヶ月間に警察官が自宅にやってきて、保管状況の確認をしたり、家族に反対がないか聞きにやってくる。
誕生日が5月なので、4月が期日、そうなると警察に二度出頭しないといけなくなる。
さすがにそこは融通を利かせてくれて(今年はその日に四国にいるという理由もある)鉄砲二丁をヒイヒイ言いながら持って行って更新と検査を受けてきた。
担当の婦警さんが別な婦警さんに代わり、少しソフトな感じになって良かった。
前の担当の方も決して不親切な訳でもなく、叱られたこともないのだが、どうも苦手で電話をするにも会いに行くにもどうにも苦手だった。
今度の婦警さんは指輪をしているので結婚しているらしく、ダンナさんも警察官だろう、などと勝手に決めつけてみる。
3年くらいは代わらないようなので、ひと安心。
若い男性警察官からも、「こんんちはっ!」などと声をかけていただいた。
風俗営業や古物商、質屋なども同じ課なので、役に立つことがあるだろうか。
DSC_0714