バニラで台湾へ

LCCで海外へ。
あの座席幅で4時間はほぼ限界という世論の声。
狭いのと、腰のところを後ろのやつの膝がぐりぐりするのが許せない。
荷物も預けられないので、機内に持ち込めないものは持って行くことができない。
台北往復が10020円、すべては安いので仕方がないと諦める。
台湾の桃園空港からバスで15分、台湾高鉄(新幹線)の高鉄桃園駅へ。
台湾国鉄の支線に乗って、新竹へ。
ここからは客車の特急または急行列車で今日の目的地の台南へ。
台湾高鉄は日本の車両と海外の信号システムを利用していて、見た目も東海道・山陽新幹線そのもの。
料金は全線乗ると東京から名古屋くらいで4000円くらい。
今日乗る区間は15分で500円くらいで、日本と比較すれば安いが、在来線ならさらに半額以下。
台湾をじっくり見て、じっくりいろいろ考えてくるのが旅の目的。
JR西日本・東海の700系とほぼ同じ設計の、台湾高鉄700T型
700T
JRの700系
700
ちなみに先頭部分は、板金の職人さんがトントンたたいてカーブを作っている。