台湾でちょっと楽しいもの

ホテルの部屋でテレビを見るのが楽しい。
中国本土のチャンネルも映るので、合計100チャンネルくらい映り、日本のNHKが映るホテルもある。
台湾語の字幕も出るが、見ても当然わからず。
おもしろいのは日本の番組。かなり古いものをやっていることが多い。
暴れん坊将軍Ⅱだからかなり古く、松平健が若い。
敵陣に現れ、余の顔を見忘れたか、武士らしく腹を切れとお決まりのセリフの場面。
matu
アニメも人気らしく、毎日やっていたが、毎日同じ話だったのは残念。
ドラえもん、キテレツ大百科、あたしンち、ドクタースランプ、きこちゃんスマイル(知らなかった)、こち亀。
ドラえもんは韓国、中国、どこに行っても必ずやっているくらい人気。
ドラえもんは、多拉A夢、タラエム!みたいな感じだ。
音が元になっているようで、名前が少し違う。
多拉A夢
のび太→大雄
スネ夫→阿福
ジャイアン→技安
静香→宜静
他のアニメでもそうだが、おもしろいのは日本の声優に声が似ている人が演じていること。
スネ夫はあんな感じだし、ジャイアンはあんな感じ。
こち亀(こちら亀有公園前派出所)もやっていたが(これも人気)なぜか烏龍派出所
こち亀
部屋でごろごろしてテレビを見ているともったいない気もするが、これはこれで楽しい時間。