予土線

予土線
予土線、四国や九州でありがちな二つの地点を結んでいる線名。
伊予と土佐を結んでいるから。四国の鉄道はこのパターンが多い。
予讃(伊予と讃岐)、土讃、少し新しくなって高徳線(高松と高知)
この予土線は四万十川に沿って走る、全国でも風光明媚な路線。
おなかだめぽにとって、トイレなし車両が3時間近く走り通すJR四国の神経を疑う路線でもある。
この予土線はトロッコ列車が走ることで有名だが、この車両に連結するだけなのでやっぱりトイレがない。
数年前に、違う形式のトロッコ列車で運転されたときに乗ることが出来た。
JR四国の考え方は、駅で停車しているときに行ってください、言ってくれれば待ちますからというスタンス。
無人駅も続き、トイレのない駅も珍しくない。
同じ四国でも、徳島地区はトイレを設置したり、新車にはもちろんトイレがついている。
せっかくの旅行なのに、トイレが中心になってしまうのは過敏性腸症候群の悲しい性。