充実の飲み会

鉄道の話をしよう、という企画の飲み会。
司会者がいるわけではないので、フリートークをすると他の話しにもなったが、180分では飽き足らず、これ以上いるとひとり500円とインド人に言われてしまう始末。
インド料理&沖縄料理というすべてインド人の不思議なお店。
覆面調査員的には笑顔もなくサービス以前の問題だが、まあいいや。
鉄道飲み会(仮称)
フリーランスの方が多いので、すごく参考になるお話しだった。
みんな一生懸命なんだよな。
沖縄料理
久しぶりに沖縄料理とオリオンビールを楽しむ。
このジョッキうちにもある。
このメンバーでまた会いましょうと言ってもらえたので、ぜひ会いましょう。
ちょっとだけ商売っ気を出して、どこか行きましょうよ~

ウズラ

ウズラは今年から非狩猟鳥獣になったので、撃ってはいけない。
これは試験勉強なので皆さんには関係ないが、ウズラの面白い話題が一つ。
スーパーで売っているウズラの玉子には結構な確率で有精卵が混ざっていて、適切な環境で温めると孵化するらしい。
確率的にはいろいろあるけれど、1割あるかないか。
10個の中に1個あるいは、数パックに1個くらいらしい。
温度を37.8℃に保ち、10時間ごとくらいにコロコロ転がさないと殻に中でくっついてしまって死んでしまうらしい。
恒温状況と転がす作業だけでも一般的な環境ではかなり困難。
これを20日くらい続けなければいけない。鳥のお母さんは偉いのだ。
どうして有精卵が混ざっているか。
ニワトリのヒナのオスメスの判別は非常に難しく、初生雛鑑別師という結構難しい資格があるくらい。
この資格についてはこちら
http://jlta.lin.gr.jp/chick/admission.html
ウズラもヒナ時代にオスメスが分けられのだが、羽の色がまぎらわしいものがいることで、本来すべてメスであるはずの場所にオスが混ざってしまう可能性。
つまり、そこにオスが間違って混ざっていたから有精卵が混ざってしまった。
ウズラを増やすために種卵を産ますメスがいて、そのメスを戻したときにまだ有精卵を産んだので有精卵が混ざった可能性。
調べた感じでは、ウズラの卵を孵化させるのはほぼ無理。
まあ、ウズラになってしまったらもっと困るわけだし。
あのスーパーの売り場のウズラには、有精卵が混ざっている可能性が高いことを知ってびっくり。

横浜駅

9月に団体旅行をいただいた画家の先生と横浜駅でお目にかかることになった。
ふだんお茶は飲まない、外食しない(居酒屋の覆面調査ばっかり)ので、お店がまったくわからない。
クイーンズ伊勢丹のとなりにあるサンマルクは満席だし、ジョイナスの飲食店街は14時を過ぎているのでどこも行列。
ほぼすべての店が、外までならんでいる始末。
結局ハマボールイアスの近くのお店に何とか2席見つけて商談。
絵がもう少し描ければ建築学科を中退しなかったかなあ、などと考えながら人生を振り返る(3分間だけ)
帰りは昨日に引き続き歩いて帰ることにして、またも東神奈川駅イオンでお買い物。
セルフレジでワオンッ!と鳴くICカードで買い物をしていそいそと帰宅。
全員集合が始まった頃寝たので(いつの話しだ)その日のうちに目が覚める。
明日も在宅勤務なので朝まで起きていろいろやろう。

16000歩

今日はプールに行こう!と思っていたが、なぜかおなかが長渕剛状態(ろくなもんじゃねえ参照)
これで言い訳ができたので、来週にしよう(週末は混雑するから行かない)
その代わり横浜駅まで歩いて行って用事を済ませよう。
横浜駅までだいたい4.5キロで、1時間では歩けないくらい。
結局みなとみらいまで行き、はじめてのスーパーに入り、結果的にはおいしくなかった枝豆と第三のビールを購入。
第三のビールは歩きながら飲んでしまった(はじめからそのつもり)
東神奈川駅でも買い物したかったので(新子安の電鉄スーパーはなるべく不買運動中)帰りも歩くことに。
スーパーの中をうろうろ歩き回り、帰ってみると16000歩14.5キロも歩いているじゃないか。
スマートフォンに万歩計ソフトが入っていて、消費カロリーなども表示される。
体重予測というのがあり、いつ見ても、このままだと来週0.1キロ増えるかも、なんて表示される。
毎週0.1キロずつ増えたら…10年で12キロ増えるじゃないか。

大崎駅

山手線には区の名前がそのまま駅名になっている駅が多い。
品川(駅は港区だが)、目黒、渋谷、新宿、数えたらこれしかなかったか。
しかし、23区でこの他駅名になっているのは、中野と板橋だけ。
そう考えると、23区名がそのまま駅名になっている6駅のうち4駅は山手線にあることになる。
丸い緑の山手線だが、運転形態が環状だが山手線とは品川から田端までをさす。
田端から東京が東北本線(東京から盛岡)、東京から品川は東海道本線(東京から神戸)だからだ。
大崎と池袋に車庫があるので、大崎行きや池袋行きが存在する。
大崎というと何となく地味なイメージだが(個人の感想です)鉄道の駅としてはけっこうなジャンクション。
山手線の車庫があるので、乗務員が交代したり、始発や終点の電車がある。
湘南新宿ラインはここを境に横浜方面、池袋方面に分かれる。
さらに、東京臨海高速鉄道りんかい線の起点でもある。
2012年度の乗降客数は13万8千人でJR東日本では19位。
前後の順位が、吉祥寺と蒲田。
ケルン中央駅が25万人だから、半分くらい(わかりにくい比較)

イカスミ

イカスミパエージャ
イカスミパスタもおいしいと思っていたが、イカスミパエージャがすごいおいしい。
今日はフツーのパエージャにしようかと思いながら、やっぱり同じイカスミパエージャ。
パエージャ鍋?もあるのでうちでも作ってみよう。
生のイカからイカスミを取ろうと探してみると、女性の小指の先よりも小さいくらいの墨袋。
こんな真っ黒にするには、イカ何杯ぶんか…
イカの墨から顔料が作られ、セピアといわれ、セピア色のセピア。
イカスミを食べると次の日に真っ黒いうんちが出てビックリするが、腸の潜血検査でも陽性になってしまうらしい。
イカスミペーストはたくさんの種類が販売されているので、見つけたら買ってみよう。
愛龍號にはないだろうなあ。

懐かしいドラマ

東京MXテレビで、深夜に懐かしいドラマをやっている。
今のドラマは全く見ないが(倍返しだっ!も知らない)録画して夢中で見ている。
いちばん夢中なのはこれ。
ヤヌスの鏡
ヤヌスの鏡
今夜のアタシは燃えてるんだ、中途半端な気持ちで近づくとヤケドするよ!
今なら、ハア?意味わかんないんですけど、と言われる。
まわりのオトナの対応もおかしい。日本三大ゴリラ俳優のひとり、高橋悦史がユミに夢中になるし。
このドラマでユミになったときは吹き替えだったというのは最近知った。
そしてもうひとつは、
アリエスの乙女立ち
アリエスの乙女たち
若林豪がどのドラマでも同じ芝居でおもしろい。
スーツのチョッキのポケットに手を入れながら話すあの仕草。
そして、なんといっても松村雄基。
今は音楽ライブをしたり、書道家として活動しているらしい。
そして、堀ちえみ主演のドラマが2本あるがあまりの芝居のひどさに、1本だけ観ることにした。
堀ちえみも好きだったけれど、彼女の魅力はなんだろう。
あれから数年経つと、結婚して離婚して結婚して離婚して、3回結婚して実子5人、連れ子2人。
子どもたちは優秀で(全員かどうかはわからないが)ひとりは京都大学に合格したらしい。
女性として素晴らしいのかもしれない。
このシリーズは同じような人が出ていて、一度に観るとややこしい。
初井言榮はこのあと4年後くらいに61歳で亡くなり、高橋悦史も60歳で亡くなっている。
ただ懐かしいだけでなく、自分の生き方やいろいろなことを考える。
【MX2(092ch)】
「アリエスの乙女たち」火 24:30~25:25
「もう誰も愛さない」水 24:30~25:25
「花嫁衣裳は誰が着る」木 24:30~25:25
「スタア誕生」金 24:30~25:25
「ヤヌスの鏡」月 24:30~25:25
ザ・ハングマン 燃える事件簿 月~金 20:00~21:00

毎日飲むもの

毎日飲むのは、厳密には焼酎類。
泡盛だったり本格焼酎(芋とか黒糖とか)だったり甲類焼酎だったり。
なぜ焼酎かといえば、安くて体に与えるダメージが弱い(気がする)から。
甲類焼酎はアルコール純度が高いせいか、けっこう悪い酔いすることがある。
芋焼酎の酔い方と甲類焼酎での酔い方は明らかに違う。
価格差は1.5倍くらい。
ただ、甲類焼酎を炭酸で割るのと、本格焼酎を水で割るとなるとまた変わってくる。
沖縄に行くと、復興減税などで泡盛が4割くらいに近かった。
それは送料でしょ、と思ったら大間違いで沖縄県から発送する通販でも価格は高い。
泡盛の酒蔵で、ここから出荷しても県内料金にはできないと言われた。
来月出かける奄美大島では黒糖焼酎が造られていて、おそらく何らかの減税もされている気がする。
そうなったら、今度は躊躇(ちゅうちょ)せずに大量に買い込んでゆうパックで自宅に送ろう。
今年の夏は何を飲むことになるか。
ビールというあたりまえの選択肢は、意外にもない。
なぜならいちばん高いし、お中元が送られて来る身分ではないから。

橘丸試乗会

東海汽船の新鋭船の橘丸。
どうしてその色で、その名前なのかは仕方がないとして、ディーゼルエンジンと電動の2期のスクリューを持つ環境に優しいハイブリッド船。
総トン数は納涼船でおなじみのさるびあ丸4900トンに対して5700トンなので一回り大きい。
実際には全長は短くなり、幅が大きくなった。
乗ってみると、かなり振動が少なく靜かなのは実感。
橘丸
納涼船も定期航路も、昼間のうちに通ることはないレインボーブリッジ
橘丸
ここで、竹芝から三宅島までの運賃を紹介しよう。
橘丸は、竹芝-三宅島-御蔵島-八丈島-御蔵島-三宅島-大島-竹芝が定期航路。
帰りに大島に寄るのが大きなポイントで、三宅島から大島への航路は35年ぶりくらいのはず。
東京(竹芝)から三宅島 7月~8月の3割増運賃
2等 9240円
顔のところに仕切りができて、4~10名くらいのこぢんまりとした船室になった(毛布は100円くらい)
橘丸2等
特2等 13860円
枕元にコインロッカー、コンセントができた
橘丸特2等
1等 18470(だいたいどの船も2等の2倍の運賃)
寝具があって、窓が大きめ、8人定員で部屋にドアがあることくらい

特1等 22160円 4人定員(シャワー、トイレ付き)
橘丸特1等
特1等和室タイプ 22160円 プラス貸切料金4320円。貸切料金を払えば2名以上で利用可能。
もちろんシャワー、トイレ付き。
橘丸特1等和室
特等 25870円 バストイレ付き 結構なお値段
特等
名誉船長はトリスウイスキーのキャラクターを描いた人で、本船のカラーリングも担当
橘船長
まんまと三宅島に行きたくなってしまった。
9月になると上記運賃の3割引、さらに工夫次第で35%割引程度にはなるので、ぜひ出かけよう。
東海汽船の乗船券、旅行などハマトラベルでももちろんコーディネートします。
東海汽船正規代理店です。

都議会でのヤジ

みんなの党の女性都議にヤジを飛ばした都議がいて、大きな問題になっている。
ヤジを飛ばされたのは塩村都議。
グラビアアイドル出身で、世田谷区選出。
テレビに出ていた頃の動画があって、見てみるとかなり嫌な女。
もちろんテレビなので真実ではないにしても、話し方も嫌いなのでどうせ選挙区ではないので関心もない。


ここまで大きな問題になると、ヤジを飛ばした議員を特定せざるを得ない。
そうなると、辞職までにはならないにしてもその議員にも婦人部にはかなり大きなマイナスになって、次の選挙にも影響しかねない。
党としてもダメージになり、必ず反撃が待っているはず。
塩村都議の過去や現在はないかもしれないが、きっと何か引っ張り出してくるに違いない。
ヤジを飛ばした議員は最低、次元の低さに呆れる。
ただ、個人的にはこの塩村都議も好きになれない。

水泳その後

脇の下あたりがずっと筋肉痛、というより痛めているのかもしれないが、梅雨の晴れ間にプールに行こう。
横浜市はスポーツセンターによって管理者や施設が違うせいか若干料金が違う。
駅から唯一歩ける範囲にある(それでも徒歩22分)横浜市西スポーツセンターのプールは1時間300円。
昔は2時間いくらだった気がするが、1時間で30分超過すると150円。
着替えて泳いで、着替える時間を入れると泳げる時間はおよそ40分。
25メートルプールで、おまかにコースごとに片道に設定してあるので、ゴールしたらもぐってとなりのコースに移動しないといけないのは結構めんどう。
1000メートルがなかなか泳げない。1時間では足りないから。
かといってあと30分泳ぐのは無理なので、150円追加するのもイヤだし。
あとは休みをつめて速く泳ぐしかない。
脈拍もあまりあがらず、1分150くらい。
800メートルまでは泳げたので、次回はなんとか1000メートルに挑戦。
あとは、飛び込みの練習とタイムが計りたい。

フィッシング詐欺メール

ここ数回フィッシング詐欺のメールが届く。
頭の悪い中国人が作ったようで、さっさと捕まればいい。
悪いやつがいるからパスワードは複雑にして覚えられなくなるし、銀行の振り込みもトークン(次々に暗証番号を表示するやつ)が必要になってしまったし、ウイルス対策はしなくてはならないし。
ゴミを捨てるから掃除の人の仕事が生まれると同じで、発展のごく一部になっているのかもしれないが。
メールの件名がいつも同じでバカ過ぎ。
常確認のお願い‏
こんな日本語はない。
本文
いつもお世話になっております。
お客様のアカウントは何らかの取引に利用されている恐れがありますので、お手数ですが、システムにログインして、異常がないかご確認いただきますようお願いします。 :
(ここにリンク)
株式会社スクウェア·エニックス
2014年6月21日
実在する会社を語っていても、こんな雑な文章で来るものか。
メールアドレスはautoinfo_jp@account.square-enix.comで、ドメインも何となく正しく見える。
アドレスにアクセスすると良く出来たログイン画面が現れて、そこにユーザー名とパスワードを入れてしまうと、まんまとその中国人に知られてしまう、という仕組み。
ドラクエのページに戻る、というリンクをクリックすると、中国語のエラーページが出てきた。
スパムメールといい、人のブログにリンクのコメントしやがる外国人などほんとに腹立たしい。