わくわくバニラふたたび

上半期遅延率ワーストのLCCバニラエアのわくわくバニラ。
キャンペーン価格で搭乗することが出来る。
4月は300円の松山、3000円の台湾と今までの青春18きっぷ旅行から完全に移行。
お昼前に来たメールマガジンで今日の14時から発売!というわくわくバニラは、期間限定で路線により違うがおおむね7月まで。
対象路線は、札幌3000円、沖縄3000円、奄美大島5000円、ソウル5000円。
ここは流れを変えるべく、あえてソウルに行ってみよう、何とか予約・個人情報までたどりつく。
しかし、唯一の国際便はウエブチェックインができないため、座席はあらかじめお金を払って指定するか、当日空いている席にあてがわれる仕組み。
さらに、燃油チャージはかからないものの、空港利用料や諸税は徴収される。
ソウル片道5000円は、支払手数料400円(どの決済でも徴収されるので意味不明)、座席指定料300円(400円かな)、空港利用料・諸税あわせて片道5000円のはずが往復18000円。
韓国の国鉄(KORAIL)は3日特急でも新幹線(KTXという名前だが)乗り放題で一人4000円は破格だけれど、そこまで払って韓国には行きたくないかも。
札幌を考えるも、JR北海道の3日間フリーパスは特急指定席に乗れても15000円(これでも裏ルート)は韓国に比較して高く感じてしまう。
おまけに帰りは朝一しかないし。
沖縄も片道は3000円でも、一週間いるか翌日帰らないと帰りは3000円にはならず6500円、行ったばかりだし。
というわけで、消去法で奄美大島に決定。
滅多に行かれないから母も行ってみようというので、それなら親孝行になるという自分への言い訳もして決定。
奄美大島空港、ご存知の方はご存知でしょうけど(あたりまえ)ものすごいはずれにある。
空港から中心地が、バスで1時間近くかかって1100円。
レンタカーは3000円弱で借りられそうなので(いろいろ併せると超えるだろうが)レンタカーをいつ借りるかが大きな問題。
空港営業所で借りて、街で返したい。そうでないと、4日間借りっぱなしになってしまう。
黒糖焼酎の酒蔵見学にも行かないと行けないし(義務)
せっかくなので現地の人とふれあったり、小説のネタも拾ってこよう。