鳥取への交通

プレお盆シーズンで、割引運賃なるものはほぼ利用できない。
ANAは株主優待を使うしかなく、片道およそ2万円。
採用が決定されてもいないのに2万円は出せない。
品川・浜松町駅から鳥取駅までの高速バスはすべて満席。
面接日の前の日は実際に鉄道に乗ってみたいし、そうなると9日には到着していたい。
8日のバスは、4台投入で満席。
青春18きっぷたと、朝5時に出て10回乗り換えて夜8時に着くというハードなもの。
これではテンションが下がってしまう。
ムーンライトながらを利用しようと思っても、当然満席だが、ヤフオクで手に入れることはできる。
相場は1枚520円の指定席券が1300円くらいだが、仕方がない。
これなら乗り換えは減るし、いちばんおもしろくない静岡県内を乗換なしで通過できる。
185系特急踊り子の車両のムーンライトながら(夜行列車)ははじめて。
山陰本線では、山陰海岸快速ジオパーク号にも乗れそうなので、ちょっとだけ楽しみ。
着いた夜は、鳥取しゃんしゃん祭り。
お祭りを少し見て、鳥取にどっぷりつかってみよう。

Translate »