網猟試験終了

試験場に着くと、今日のスケジュールが書いてあり、網猟だけ受験する人は4人。
3種類全部受験する人が5人。
一番多いのは、一種(銃器利用)のみ受験が63人。
その他わな猟と一種の併用など合わせて140名くらい。
神奈川県の狩猟免許過去最多人数らしい。
知識試験の試験時間は30問で90分。
13分で終了してしまい、1問わからない問題があったが、後で見直すと間違っていた。
たぶん29問は正解しているはず。
10時20分には試験が終わってしまい、次の予定は13時の合格発表。
そこは横浜駅なので、いくらでも行く場所はある。
そうだ、このまえ聞かれたYCAT(横浜シティエアターミナル)に行ってみよう。
単なるバスターミナル化していたYCATを後に、横浜そごう9階の市民フロア。
ここには昔、市役所まで行かないまでも、郵便局などがあって、デパートのワンフロアとしてはかなり異彩を放っていたのだが、いまは飲食店と不動産店とABCクッキングやドコモとauの直営店があり、どこが市民フロアなんだか。
長い昼休みで歩きくたびれて、試験会場に戻り合格発表。
4人いたはずの網猟専門はぼくしか受かっていないじゃないか。
後ろの人は受験に来なかったし。
鳥獣判別試験は、絵を見せられて解答用紙に狩猟鳥獣なら名前、非狩猟鳥獣なら×をする。
16問すべて全部バツにしても7つは正解できるが、もともと網猟で覚えるべきものが17種類しかないので、全部正解できた。
今度のわなも17種類くらいだが、第一種の鉄砲は48種類すべて覚えないといけない。
さらに猟具の判別と方むそう網の架設で、本日の試験は終了。
合格発表は鳥取から夜行バスで帰った日の8月12日で、この免許番号を記入して次の試験の受験申請をする予定(たぶん合格できているだろうから)
この夏の3つのビッグなイベントのいちばん小さいのが終わった。

Translate »