平和記念日

学生時代広島で過ごし、ビジネスホテルでバイトをしていたことがある。
8月6日の朝早くから平和記念式典があるため、原水協などのいろいろな団体が広島市内に宿泊する。
広島中のホテルがすべて満室になり、来年も同様の予約がされるために既に来年も満室。
働いていたホテルでも、エキストラベッドやソファベッドを有効に利用して、最大限の客室にして営業する。
ある日の夜、電話を取ると予約の電話のような内容。
駅からどれくらい、どうやっていくかとか、部屋はどれくらいの広さなど散々話すと、では予約したいと。
「お日にちいつでしょうか」
「8月5日なのですけれど」
その日は年間で唯一、一年前から満室の日。
あとはゴールデンウイークが超満室で、年末年始はビジネスホテルなので意外に空いている。
ホテルの宿泊部門の人と、料飲部門の人は採用から違う場合が多いが、コックや板前は職人のような人が多く、普段接することがない人たちだったので新鮮だった。
ホテルのフロントの仕事は、今までやった仕事の中では結構おもしろかった。