これでいいのだ

ローカル線を再生するのは困難で、自分の人生にとってチャンスでもあるがリスクでもあったので、これも運命。
面接の時に答えに具体性が足りなかったのと、若桜鉄道に対する思いが感じられなかったのでしょう。
しばらくお酒でも飲んで現実逃避しましょう。