上野東京ライン

来年の春に上野東京ラインなる線が開業予定だ。
東海道線の起点が東京駅から上野駅まで延長されて、高崎線、東北線、常磐線などと直通運転される。
東京駅と上野駅はノンストップで結ばれる。
現在でも、湘南新宿ラインという横浜方面から西側を通って、新宿や池袋を通り直通運転がされているが、この路線とは意味合いが少し異なる。
直通運転で便利になったり、混雑緩和をするだけでなく、大きな目的がある。
直通運転することで、上野の次にある尾久と田町にある車両センター(車庫)を、東大宮に移動させることで膨大な土地が生まれるのだ。
特に田町~品川駅間は都区内最後の大きな再開発と言われている。
デメリットは、車庫が遠くにあることと直通運転距離が伸びるので、ひとたび事故が起きると長い間不通になったり、車両運用がつかなくなってしまうことが考えられる。
あとは湘南に住む人たちが、丸の内のある東京駅から必ずしも座っては帰れなくなってしまうこと。
新子安駅の我が家からは、あまり大したメリットはなさそう。