みどりの窓口

首都圏の駅では、あたりまえのようにあるみどりの窓口。
そのみどりの窓口がないのが、新子安駅。
窓口の痕跡のあるところに、指定席自動券売機が鎮座している。
この機械でたいていの乗車券類は購入できるのだが、割引証がいるような乗車券類は購入できない(通学定期はネットde定期の受取で、係員の確認ができれば購入できる)
今回のようにお客様のジパング倶楽部割引の乗車券類を購入したいときは、窓口に申し出ると乗車票を発券してくれる。
「東神奈川で買ってください」というのは、親切なのかイジワルなのか。
ひとつしかない窓口で、複雑な経路のきっぷを買うのは嫌なので、いつも横浜駅の行列に並んで心置きなくゆっくり購入することにしている。
いつもそこからどこかへ出かけたりして、帰りは使わないことが多いが、今日は返そうと思ったら、お客様のサービスとやらの看板を出して、窓口は締め切り。
また手元に残った。
乗車票