夏のチャレンジ終了

昨日早く寝たせいで、朝(というか夜中)2時に起きてしまった。
頼まれているホテルのことを調べたりして、少し勉強して6時近くに無理矢理眠る。
第三回狩猟免許試験(第二回はわな猟だけ)会場に行くと、今回も受験者は160名超え。
その中で、一部免除(他の狩猟免許を持っている)で二種類併願はぼくだけ。
ひとつ取って、あと二つの受験料を安くするというのはもっとやっていると思ったが。
安くするよりも、一度に受けるリスクを分散させた危機管理の基本を実行しただけなのだけれど。
120分の知識試験は5分で終わってしまい、途中退室が出来る30分経過までボンヤリいろいろと考えてみる。
そして2時間30分超えの昼休み。
やっと午後の実技試験がはじまるも、特殊な番号は最後の方。
そして、第一種銃猟試験はなんと一番最後。
県の職員の方が教えてくれたのは、遠い順に試験をしたと。
神奈川県の試験だから、箱根の奥の方から来る人もいるわけだし。
たしかに、ぼくは二駅となり、歩いても帰れないことはない。
午後の試験が13時30分頃始まって、最後まで終わったのが17時数分前。
わな猟は講習で言っていたのと違うし、距離の目測は明らかに間違えたし。
これで何だか待つのと挑戦の夏が終わった。