ホルモン

関西弁で放るもん(捨てるもの)がホルモンになったというのは有名な話。
そんなホルモン、仕入れ値が安いせいか、元々関東ではあまり食べなかったホルモンのお店が増えた。
飲食店ではボロ儲けだろうが、もつ鍋の人気はそれほどない気がする。
もつ鍋一人前1700円、2人前から注文承りますって何だ。
もつ鍋ごときに3400円も払いたくない。さらに〆の、雑炊セットが500円だの、ちゃんぽんセットが500円もぼったくり。
悔しいので、白飯を頼んで食べたことがあるくらい。
ホルモンは好きなので、牛も豚も一通り食べたことがある気がする。
そんな中で変わり種は、これ。
豚のおっぱい
豚おっぱい
やきとんのお店でもお目にかかれる。
こりこりしていて、さっぱりした味。特別おいしくもなく、まずくもなく。
こんな味なのでお安めなのでまあいいかという感じ。
王道はマルチョウだのシマチョウだので、脂もうまみもたっぷり。
いちいち部位を明らかにするのは嫌だが、マルチョウは小腸で周りには脂がたっぷり着いているので、これをくるっとひっくり返して、内側に脂が入っていて、焼くと脂が出てくるようになっている。
もつ鍋は脂が外側になっているので、煮ているうちにどんどん脂が落ちて小さくなってしまう。
ホルモンだけは新鮮なものを手に入れるのが難しく、家庭で食べるのは難しい。
今は飲食店に来る時点できれいにさばかれて、処理されているものが届くらしい。
食材そのものの価格というより、手間賃の方が大きそう。
以前、松阪牛のホルモンというのを食べたことがあったが、肉の部分よりも味の差がわかりにくかった。
ホルモンを食べると、なんとなくふだん摂れない栄養素が摂れる気がするのは気のせいかな。

Translate »