あらためて比例代表制

参議院選挙では、選挙区では名前を、比例区では政党名または個人名を投票する。
比例区は非拘束名簿式で政党内の名簿順序は決めなくてよい。
政党名で書かれた票はドント方式で政党内の当選者数を決定。
ドント方式は過去のブログを参考
政党内では、名前で投票された順に当選が決定。
つまり、全国的に有名な人はかなり有利。
公明党の女性局長は歴代最多得票数で当選している。
名簿に載っている候補者には、全国どこでも投票できる。
ところが!衆議院議員選挙では選挙区は個人名、比例区は政党名のみで個人名を書くと無効票になってしまうので注意しなければいけない。