被災地

あれから4ヶ月後に、三宅村議会議員の皆さんと被災地に行った。
三宅村は雄山の噴火で全島民避難、高濃度の火山ガスで今でも帰れない、住むことができない地区がある。
村議のひとりの方が、想像よりずっとひどく、三宅よりひどいと言っていた。
旅行会社として何かしようとツアーを作ったり、誘ってはみたが、結局ツアーをすることもできず。
気仙沼大島の支援の話もあったけれど、これも実現できず。
マイクロバスは運転できるから、被災地にボランティアを運ぼうかなどとも考えたが、これも考えただけ。
東北夏祭りツアーをやったくらい。
東北に住む可能性があるので、そのときはもう少し何かできることを考えてみる。
同じところから撮ったとみられる、南三陸町。
上がこじま、下はネット上から拝借した写真家の写真。
南三陸町
志津川
手前は気仙沼線、線路も駅も被災して、バス路線になってしまった。