大腸ガン検診

大腸ガンの検診の結果を聞きに、かかりつけ医のところに行った。
夕方行ったことと、夜は臨時休診だったせいか誰もおらず、珍しく先生と話しができたので、いくつか質問してみた。
大腸ガンになると腸管から出血することが多いので、便の表面をなぞって提出する。
大腸ガンになると必ず出血するか
以前、さまざまな大腸ガン患者100名から検便したところ、30%の確率で出血していたそうだ。ガンになっても常に出血するのではなく、していないときもあるので、本来は3回検便しないと正確ではないらしい。一般的な大腸ガン検診では2回検便することになっている。
検査頻度はどのくらいだろうか
ガン家系などの場合は、内視鏡検査を受けた方がよく、検査頻度は日本では3年、アメリカでは5年だそうだ。アメリカは保険制度に加入していないことで検査料が高額なのも影響している。
内視鏡検査でポリープが見つかった場合取るか取らないなどの話も聞いた。病院によっては、取ることで時間がかかってしまい後の検査が遅れることと、より保険点数を稼ぐために、見つかったら後日入院して切除というところもあるそうだ。
さらに、10個見つかったら1個だけ取って、あとは来年取りましょう、という毎年検査させる病院もあるらしい。そう言われれば来年も必ず来るだろう。
思いがけずおもしろい話し(ネタ)が聞けた。