抹茶アイス

ちょっとお高い店のデザートのアイスクリームの上に、たたみいわしがのっていた。
抹茶アイス
しっかり焼いてあるのか揚げてあるので、おせんべいのようで、アイスクリームにウエハースがそえられているのと同じ感じだった。
抹茶アイスは明治時代の宮中晩餐会ですでに供されと記録されているが、本格的に普及したのはだいぶ後のことだった。
1958年に和歌山の製茶会社が抹茶とクリームを混ぜる技術が特許で認められ、1970年の大阪万博で爆発的人気を博した。
特許の独占販売期間が終了するまでは大手菓子メーカーから発売することを認めなかったため、市場に普及するのはずっと後になる。
現在では好きなアイスクリームのフレーバーは、抹茶が第三位になるほどアイスクリームでの確固たる地位を国内のみならず得ている。
ちなみに一位はバニラ、二位はチョコレートで、ずっと不動。