飲食店の禁煙

神奈川県は一定以上の飲食店は分煙しなくてはならい。
嫌煙家にとっては居心地が良いが、愛煙家にとっては面倒な店が多い。
ビル全体が禁煙のお店となると、お店の外に喫煙所があり、そこまで出向いて喫煙する始末。
時代の流れは禁煙なので、致し方ない。
ぼくの世代でも喫煙者は多かったし、今やめている人でも以前吸っていた人が非常に多い。
禁煙と書かれた個室に案内された居酒屋。
個室といっても天井はつながっていて、話し声やたばこの煙はやってくる。
ひそひそとした話し声とたばこの煙、となりは喫煙者か…
帰るときに見てみたら、従業員の控え室だった。
従業員がたばこを吸っていたのだった。
禁煙の個室に案内して、従業員のたばこの煙が禁煙の個室に流れ込む。
何のための禁煙なんだか…
同じ会社内で業態変更した店だが、入りを見ても未来はないかも。