8月31日

8月31日といえば、長い夏休みが終わってしまう特別な日の印象。
あれから30年以上経っているのに、8月31日は12月31日と同じくらい特別な晦日(みそか)
昨今の小中学生の宿題は減っているらしい。
受験勉強もあるし、塾もあるし、という配慮かららしい。
でも、みんなが塾に行くわけでもないし、夏休みの宿題はたいした勉強にならないにしても、やる子はやる、やらない子はやらない、学力差がまた開く気がする。
そもそも学校は勉強するところであって、学校の勉強だけではだめだ、という教育制度がおかしい。
いっそ公立の学校はすべて民間に委託した方がいいのではないか。
公務員制度で新卒で教師になって、なかにはいい先生もいるだろうが、先生の質が低すぎる。
勉強に少しでも興味を持つと、学校よりも塾の方が知的好奇心は満たされた。
それは単にレベルが高いことを勉強することではなく、塾の先生の方が教え方がうまいから。
難しいことを易しく教える、教える仕事はこのことに尽きる。