マウス

自宅兼事務所に、遊びのパソコンと仕事のパソコンがあって、当然それぞれにキーボードとマウスが必要になる。
パソコンの性能よりもキーボードとマウスの使い勝手、使い心地は非常に重要で、仕事の効率に大きな影響を与える。
前回はキーボードを購入するにあたって、日本語キーボードにするか英字キーボードにするか、結局安い日本語を買ったが環境が違うのに対応できず、米国アマゾンで英字キーボードを購入することになった続き。
マウスも劣化が進み、ゴムが溶けて手がベトベトするといういかんともしがたい状態になってしまったので、買い換えを購入。
気に入って使っているのは、ロジクールのM500Tというもので、ネット通販で4000円前後もする。
1000円程度で帰るマウスとの違いがあるのはもちろんわかっているのだが、先日秋葉原に行ってきたときに買ってきたアウトレットモデル、680円を購入してみた。
Microsoft comfort4500
comfort4500
(Microsoft Webサイトより)
アウトレットなので680円だが、MSショッピングでは2000円以上で売っている。
使ってみたが、やっぱりだめだった。何とも軽い感じと、精度が違うのか、使い心地が悪い。
マウスもキーボードと並んで重要なデバイスなので、どうしても変えるのならすべて同じものにしないのがよくわかった。
結局Yahooショッピングで約4000円のものを購入。