船舶免許の更新

今年は免許の更新のオンパレード。
船舶免許の更新は5年に一度で、1年前から更新できる。
もしも失効しても、免許の効力は生涯有効で、失効講習を受けると免許が受けられる。
失効講習は更新料金が3000円強が8000円前後になり、講習時間が1時間から2時間になるくらい。
有効期間は5年なので失効させて次回失効講習するのは得策ではない。
横浜で当日申し込みが受けられる会場を選ぶ。
この会場、あぶない刑事の初代、港署につかわれたところ。
現在はJEIS
船員センター
このとおり。
JEIS
あぶない刑事
横浜のそれなりの所轄なのに出入り口が狭すぎる。
講習を受けるとここで選択がある。
海事代理士(自動車免許でいう行政書士、代書屋)に申請してもらって後日免許状は郵送を選ぶと3000円前後かかるが、自分で関東運輸局に持参して申請すると、この代金はかからない。
船員センターの目と鼻の先に小港があるが、ここに船舶免許の教習艇が係留してあり、そこにはカモメがいっぱい。
近づくと一斉に飛び立って、まるでロート製薬のハトが飛ぶ映像のよう。
ちょっと恐怖を感じると、柵にとまる。
小港
アップにする
小港のカモメ
バスなら小港橋から横浜第二合同庁舎まで13分3.2kmを健康と節約で歩く。
途中に大好きなマリンタワーを見て山下公園を通り、日本郵政資料館、神奈川県警本部を通って第二合同庁舎へ。
免許状は16階から下に収入印紙を買いに行っている間に発行できるくらいスピーディー。
猟銃等所持許可、船舶免許、自動車運転免許の更新のひとつが終わった。
船舶免許