ホルモン大好き

焼肉を食べに行っても必ず食べて、ホルモンのお店なら肉を食べなくてもいいくらいホルモンが好きだ。
ホルモン盛り合わせ
手前の角張っているのが、牛ハツ(心臓)、時計回りに豚ガツ(胃)、豚カシラ(こめかみ)、牛フエ(動脈)、牛タン、牛ミノ(第一胃)、中心が牛マルチョウ(小腸)
以前は脂がのったもマルチョウやシマチョウが好きだったが、最近はミノやギアラ(第三胃)などのさっぱりして、歯ごたえの良いものがおいしく感じるようになった。
もつ鍋はあまり好きではない、というより自分からはまず食べない。
ホルモンは何よりも鮮度が大切なので、売れているお店でないとおいしくない。
今は下処理がされたホルモンを仕入れるお店が多いので、どこで食べてもあまり差がない。
つまり、高いお店でホルモンを食べるのはつまらないということ。
どこか新鮮なホルモンが手に入るところを探してうちで食べてみよう。