かきおこ

岡山県の瀬戸内海沿岸にある日生のB級グルメ。
広島風と関西風の中間的なカキ入りお好み焼き。
カキは軽く炒めて水分を出して、その水分も入れて生地をつくる。
かきおこ
生地にキャベツを混ぜてしまって、広げてその上にさらにキャベツやカキをのせて、生地をかける。
かきおこ
鉄板では返すのが楽だが、狭い上に大きめに作ったので、こういうときはフライパンを2つ使うと簡単に返せる。
生地が濃かった
かきおこ
広島風に最後にもうひとつのフライパンに玉子を割って、これをのせてできあがり。
本場かきおこはたぶん、生地に玉子が入っていて、最後にのせないと思う。
半額のカキとはいえ、2パック入っているので、けっこう贅沢。
かきおこ
小麦粉とカキ、ソースだから、カキフライに近い味がする。
今度はさらに忠実にかきおこを作ってみよう。