動脈硬化

高脂血症であると、血管に負担がかかり、動脈硬化になってしまう。
そうなると、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気になる可能性が高くなる。
とあることで診てもらっている先生に、やはり治療を継続した方が良さそうだと判断された。
加えて、尿酸値も高いので、これも動脈硬化の要因になってしまうことも最近わかってきた。
要するに、コレステロール値や尿酸値が高い状態で長い間経つと、それだけ血管が悪い状況になるということになる。
そろそろ薬を飲んで、血液の状態を良くして血管がこれ以上悪くならないように(動脈硬化にならないように)予防する。
毎日飲酒すると、尿酸値は高くなるらしい。
アルコール代謝で代謝物が尿に排出されるが、そのとき尿酸は排出されなくなってしまう。
飲酒の頻度を週に3回くらいにすると、下がる場合もあるが、体質で下がらないことある。
お酒を飲むようになったのが30歳くらいで、それ以前からすべての数値が高かった気もする(飲酒の頻度を下げない言い訳)