最近のアルコール飲料のプロモーション

一昔前は、初夏になるとこれでもかとビールのCMが流れた。
今でもテレビCMは流れるが、プロモーションの仕方も変わったようだ。
インターネットでモニターという名で募集をする
当選するとQRコードやコード番号がメールで送られてきて、それをコンビニにある端末に入力すると商品と引き替えられるクーポンが出てくる。
または、レジで画面を見せてバーコードを読み込むチェーン店もある。
このしくみができて、1本、2本でもたくさんの人に配ることが可能になった。
最近のキャンペーンでは、8万名にプレゼントがあるくらいで、ほぼ全員当選するようになっているものが増えた。
飲んだ感想をツイッターに投稿すると、さらに今度は1ケースプレゼントなどというものもある。
消費者がSNSなどを使っていわゆるネットの口コミで広めようと思っているようだが、効果のほどはどうなのだろう。