朝の京急川崎行き

普段乗らない朝に、京急でおもしろい列車を見つけた。
駅の位置は、品川-京急川崎-京急新子安-横浜-三崎口を予備知識として。
京急新子安駅のホームで待っていると、特急三崎口行きがやってきた。
前8両は乗客がいて、さらに後ろ4両を見ると、行き先は京急川崎。
そして、車掌が乗っているだけで車内に乗客はいない。
どこかから京急川崎まで運転されて、乗客を降ろした後、本来なら回送電車になるのだが、運転士の経費節減と朝ラッシュ時で線路にも余裕がないので、一般列車の後ろに回送列車を連結している状態。
前8両には乗車しているからなのか、回送という表示ではなく、京急川崎のまま。
他の列車でも何度も見かけているので、間違いではないのだろう。
12両すべて回送列車ももちろん存在する。
特急なので次の停車駅は神奈川新町、神奈川新町で切り離して、品川行きに増結してラッシュ対策をするのかもしれない。
いずれにしても、神奈川新町駅は12両編成は停車できないことも原因だろう。
普段乗らない時間に乗ると、特に朝夕は混んでること以外はおもしろい。