風の森

日本橋のお店でごちそうになる。
塩辛に見えた、白いかのお通し
白いかのお通し
下に固形燃料が置いてあり、白くなったら食べろと。
白いかが練りもののように柔らかく面白い食感。
わたがたくさん残ってもったいない。家族と一緒ならなめてしまうのだが。
お刺身盛り合わせもかなり豪華。
7点盛り
牡蠣の殻はいらないのに。サザエの貝殻が置いてあるお店もある。
右から、カツオ、イサキ、カンパチ、コチ、水タコ、アジ、イシダイ、カンパチ(胡麻アジ風)、アジ。
やっぱり魚はおいしい。
日本酒はどこでも飲んで、あーおいしいで終わってしまうのは残念なので覚えておこう。
風の森純米しぼり華 秋津穂(奈良県御所市油長酒造)
秋津穂とは元々は食べるお米だったが、お酒にも適しているとして使用されるようになった。
しぼり華とは、絞り初めて最後の部分は入れない、という意味らしい。
これで一升瓶が2000円なら見つけたら絶対に買いたい。
少し甘めで酸味もあって、吟醸香もある。協会7号酵母を使っているそうで、これも覚えておこう。
デパートや専門店に行けば購入できるが、そこら辺にはまず売っていない。
この夏は日本酒を買ってきて、大切に飲むのもいいかもしれない。