上野から新橋、暑くても歩く

上野から新橋まで歩いてみよう
御徒町と新橋に所用があるので、ついでに一日乗車券を購入して都営地下鉄、都営バス、都電、舎人ライナーに乗ろうと思ったが、この暑さで断念。
上野まで上野東京ラインで行き、新橋まで歩いてみよう。
上野から御徒町は観光客で大盛況
3割以上がアジアからの観光客、そのうち8割は中国(または台湾)からではないだろうか。
アメ横では黒人の厳つい兄ちゃんが「アニキ、ヨーフクミテ」とチラシを見せながら話しかけてくる。
ぼくはそういうファッションスタイルじゃないよ。
昼過ぎの猛烈な暑さの中、アメ横センターでスパイスを購入、スニーカーを購入し、秋葉原へ向かう。
オバケ屋敷みたい
ビル名
中央通りから一本入ったところに、中古プラモデル店発見。
店頭にはジャンクパーツという名のゴミが
ジャンクプラモデル
作っているプラモデルの足りない部品、壊した部品が偶然見つかるわけもないので、加工用でしょう。
もしかしたら、部品でなくその枠を利用するのかも。
秋葉原は相変わらず、いかんともしたがいカオスな状況
とんかつのお店、がっつり定食のお店にもヲタクの方々は元気にお食事。
ここにもアジアからのお客様がたくさんいらっしゃる。
腕時計の電池を買いに来たが、番号を控えたメモを忘れてきたので結局何も買わず。
神田はガランとしている
さすがビジネス街の神田はガランとしていて、金券ショップはお休み。
少し歩くと、無料バスのメトロリンク日本橋の乗降場。明治屋は取り壊され、炎天下のなかだが、バスが見えているのですぐに来そうで良かった。
パイロンだけの炎天下のバス乗降場
新日本橋駅乗降場
先に見えているのはまともな屋根もあるスカイバスのバス停。
バス会社はメトロリンク日本橋同じ日の丸自動車だが、メトロリンク日本橋は企業の送迎バスのような扱いで路線バスではないので、バス停には乗り入れられない。
メトロリンク日本橋の運行図

メトロリンク日本橋
(日の丸自動車より)
新橋まで行くのであれば京橋二丁目で降りるべきなのに、火事があったのか消防自動車がかなりの台数停まっていて、そちらに気を取られて結局東京駅八重洲口まで行ってしまった。
外堀通りをずっと新橋まで
高速道路の下の銀座インズに入ったり出たりしながら、数寄屋橋へ。
成田空港行きのバスが発車するバス停はかなりの人たちが待っている。
夏の風物詩、旧ソニービルには海水魚が泳ぐ水槽が置いてある。
新橋が近づくにつれて、少しずつ人が減っていき、銀座への送迎バスの観光バスが駐車している。
家康観光バス!
家康コーポレーションと書いてある。
バスの横っ腹には、HELLO IEYASU!
家康コーポレーション
この会社のバスのナンバーは、すべて8888らしい
本社は大阪で、成田にも営業所があるので成田発着の観光ならば問題ない。バスを30台以上保有している結構大きなバス会社だ。
新橋もそれなりの人出はあるもののやはり休日なので閉まっているお店も多い。
ガード下の角にあったパチンコ店、元「一声」は取り壊されていた。

コメントを残す