都心で大規模停電

埼玉県新座市にある変電所施設で火災があり、一時58万戸が停電し、鉄道にも大きな影響を与えた。
埼玉県内を走る西武池袋線も運休が多くなり、地下鉄副都心線との直通運転を中止した。
東横線、副都心線、西武池袋線・東武東上線を直通運転をしていることから、ダイヤの調整は大変なもの。
中目黒駅でも、通常見られない行き先の列車が運転されていた。
急行千川行き
千川は副都心線(有楽町線)池袋、要町、千川、小竹向原の位置にある。
千川~小竹向原間に折り返し設備があるので、ダイヤ乱れの際には千川発着の列車が運転される。
種別表示(急行など)に幕があるものの行き先はすべてLED化されていて、行き先表示も案内表示も案内放送もすべて対応している。
この他には急行小竹向原行きも運転された。
この画像、中目黒駅の表示だが、これは一昔前ならどうみても有楽町線の表示。
有楽町線の車両が東横線の線路を走っていること、中目黒駅で日比谷線と有楽町線車両が並ぶこと、まだまだ新鮮。
 

コメントを残す