再びWindows10へ

Windows8.1が突然起動しなくなった。
chkdskをやってみると、エラーが検出される。修復オプションをつけると修復できるが、また起動できず、またchkdskをやる、何度もこれを繰り返し。
システムの復元も、復元ファイルそのものが壊れているようで、ままならず。
どうやってもブートローダーの部分が壊れているのかもしれない。もしかしたら、ハードディスクそのものが故障している可能性もある。Windowsの修復もままならず、最終決断のクリーンインストールをすることになる。クリーンインストールはクリーンなWindows環境になるが、すべてのソフトを再インストールしなければならない。特にAdobe製品のインストールは強烈。
Windows8.1のクリーンインストールをするが、再起動すると画面は真っ黒のまま。
メディアが悪いのか、ハードディスクが悪いのか、今度は違うハードディスクにインストールしようとしても同じところで画面真っ黒。
原因はグラフィクスボードに液晶モニターと、HDMIでテレビが接続されていて、どうやら画面の大半がテレビに出力されていたようだ。
HDMIを抜くと、あっさりインストールできた。さらに250近いWindowsUpdateを行い、ソフトの再インストール。
すべての行程が一週間近くかかった。
ハードディスクはいつ壊れてもおかしくないので、バックアップだけは厳重に行っておく。
OSはWindowsとMacOSのほぼ二択。Windowsはもっと何とかならないものだろうか。

コメントを残す