穴子ごはん

夜8時頃の横浜駅にいるときは、そごうに行くことがある。
もちろん、目当ては地下鮮魚売り場。
既に飲んだ後なので、今日食べなければいけないものは買いたくない。
〆鯖にできそうなさばが一尾300円、関さば2580円が800円は迷ったが両方やめておいた。
半額以下になっている穴子を購入
穴子
このままでは結構なお値段。
3匹あるので、1匹は白焼き(食べたことがないから)、2匹は穴子ごはんにすることにした。
デパートの魚売り場なので、下処理もきれいだ。たしか穴子はぬめりがあるので、一度ゆでこぼしたりするが、包丁の背でぬめりをこそげ取るだけにした。
白焼き
穴子の白焼き
上品な甘みを感じる旨み、日本酒はもちろん、白ワインにもあいそう。
煮穴子は寿司屋などは1時間も2時間も煮て、とろとろにする。
そんなにする必要もないので、15分~20分くらい煮た。煮汁と頭でごはんを炊いて、煮た穴子をごはんにのせる。穴子は少しバーナーで炙って香ばしさを出した。
穴子ごはん
最低限の労力でつくったが、柔らかくおいしくできた。何より甘さ控えめなのがうれしい。
 

コメントを残す