特急さくら

生きていれば113歳の祖父の写真を今度スキャンしてデジタル化しようと見直してみた。

以前もこの記事は紹介したが、この写真が出てきた。交通新聞写真部昭和30年3月1日と記入されている。

特急さくらは特急はと、つばめのように展望車がなく、編成も地味だったようだ。
はとの写真もある。

そして驚いたのが、この写真。

写真の裏に、昭和36年とあるので計算すると祖父が59歳の時。この写真が祖父なら60歳が定年だったのかもしれない。
C62に牽引された特急、東海道線が電化されてEF58が牽引した青大将、そしてビジネス特急こだまの車掌だとしたら、もしかしたら国鉄がいちばん輝いていた時代、激動の時代だった気がする。さらにさかのぼれば、戦時中も車掌をしていた。
もう少し長生きしてくれれば、たっぷり鉄道の話が聞けたのに。

コメントを残す