大間のマグロ

夏の青森ねぶた祭ツアーで、青森県内をどう回ろうかと考え中。
今年は大間に行ってマグロを食べようか、具体的に決まりつつある中…
大間のマグロは7月下旬から獲れはじめ、本格的に提供されるのは9月から11月で、8月のはじめでは近海ものになってしまいそう。
そうなるとわざわざ大間に行くこともないので、他の案になりそう。
大間は本州から行くとかなりの距離があるので、函館からフェリーで行くのが一般的。
函館からなら90分で行くことができる。函館を9時頃出て大間に11時半、14時頃折り返してくるので、函館から日帰りができる。
逆に大間側としては大間に宿泊してもらいたいが日帰りが多いのが現状。
大間といっても元々非常に高い食材なのでそれなりのお値段がする。
マグロ丼で2000円は超えるし、龍飛崎側より明らかに観光値段というかブランド価格。
今年はやめようと思ったが、やっぱり青森ねぶたは魅力的なのでお客さんにもそれを伝えたい。

コメントを残す