ホルモンと喫茶店

ホルモンがウリのお店。はじめにミックス刺し(580円)。5~6種類くらいのホルモンや肉類が盛り合わせてあって味が付いている。混ぜて食べるように言われたが、混ぜずにおいしく食べた。

このお店の看板メニューのホルモン焼き(2人前920円)
塩・しょうゆ・味噌から塩を選ぶ。焼きそばやうどん、チャーハンなどの〆メニューもあるが、はじめから頼む気なし。脂とり過ぎになるから。
運ばれてきたのはこれ。お店のおねーちゃんが焼いてくれる。

中に大きなホルモンが隠れている。

できあがり。

構成はもつ鍋とまったく同じだが、脂が落ちない分、ちょっとしつこい。
モツもおいしいのだけれど、全体としてあまり満足しない。残念。
ワインが飲みたかったのだけれど、こんなの(失礼)しかない。

氷を入れないで頼んだら、こちらで提供。

甘口でよくいえばフルーティー、平たくいうとグレープジュースみたい。
一升瓶のワインも売っているが、一本5000円のワインもあって老舗のワイナリーみたい。
五一ワイン
http://www.goichiwine.co.jp/

和牛ハンバーグ!

お肉は素晴らしいのだが、スパイスが足りないのか、なにか物足りない。
塩味とスパイスはおいしいものでも必要だと思う。臭みを消すだけでなく、旨みも増す働きがあると思う。
豚カシラの炭火焼き、おいしい。

豚のど軟骨の煮込み、はじめて食べたがおいしい。

お店の名前がついた丼。甘辛いチャーシューがのっている。
脂身が多いのはいいとして、味付けが甘過ぎ。
みんなこんな甘いのがおいしいと思うのだろうか。

叔父夫婦がやっている喫茶店へ。

自分を含めてみんな年を取った、実感しながら帰る。
 
 

コメントをどうぞ