東京メトロPASMO一日乗車券

4月1日から、東京メトロの一日乗車券にPASMOタイプが加わる。

手持ちの記名式PASMOに一日乗車券を載せることができる。
クレジットカード一体型PASMOやSuicaには載せることができない。
東京メトロはこれまで一日乗車券は24時間制で、発売から24時間利用することができたが、このPASMO一日乗車券は従来のように初電から終電まで有効。
価格は24時間券と同じ600円。
これに併せて、東京メトロ・都営地下鉄一日乗車券も同様にPASMOで発売されて、こちらは1000円から900円に値下げになった。

このようなPASMOでの一日乗車券は路線バス各社で発売されていた。
バスの場合は印字されないので、PASMOでもSuicaでもどのようなものでも一日乗車券として発売された。 バスで注意するのは、一社の一日乗車券情報をICカードに入れて、次のバス事業者で購入すると上書きされてしまうこと。
このPASMOの場合は印字されていてバスの一日乗車券情報と書き込む場所が違うと思うが、併用するときはないと思うが注意した方がいい。PASMOが必要なので、どちらかというと観光客よりも、ふだん乗っている人たちの便宜を図っているようだが、現在PASMO定期券を利用している人は当然使うことはできない。

コメントをどうぞ