春の味覚

週に数回、スーパーに買い物に行くので季節の食材には比較的敏感になる。食べ方が面倒なモノは買わないので、春の味覚の中でもタケノコやフキなどは買わない。
これも買わないが、クーポン利用で選べたので選んだ。

サクラエビのお造り、お造りという言葉がどうにも気に入らない。
語源は関西の侍が刺身の切る刺すを嫌って切り身を作り身というようになったらしい。ウナギは関西は職人文化だから腹割きで、関東は侍文化だから背割きとされているが同じ時代の話のはずなのに。
だいたい、豪華な盛り合わせならまだしも、この程度のお刺身なのにお造りなどと何を気取っているのかと思ってしまう。
盛り合わせてあっても刺身、造りを使うのは姿造りと活き造りだけにしてもらいたい。

コメントを残す