タイ料理はやっぱり辛い

タイの東北地方のイーサーンの料理が中心のお店。
イーサーン

豚肉の揚げだんご。ナンプラーやスパイス、炒った米粉が衣になっている。

イーサーンの料理のプレート、ほぼ全部辛い。最後にタピオカがつく。

牛すじのスープ、鶏肉のバーベキュー、もち米、パパイヤのサラダ、鶏ひき肉とハーブのサラダ。みんな本格的な味で辛い。
どこに行ってもホルモン、ということで豚レバーとガツのガパオ。
ガパオとはひき肉の炒めたものを思い出すが、本来はタイ特有のハーブでスイートバジルに近いもの。つまり、ハーブ炒め、ということ。

ジャスミンライスも注文。さしずめタイ風レバニラライス。上の緑の葉が揚げられた(炒めた)ガパオ。
ジャスミンライスはおかずと食べるよりも、スープなどと一緒の方が格段においしい。
タイ料理を食べるたびに、タイに行きたくなる。本場はどれくらい辛いのだろう。
 

コメントを残す