関東バス一日乗車券

千歳烏山でお墓参りをして、新高円寺と中野に行って帰る
京浜東北線
新子安→川崎
南武線
川崎→稲田堤
京王相模原線、京王線
京王稲田堤→千歳烏山

関東バスの一日乗車券を購入

(関東バスより)
関東バスでは紙の一日乗車券は販売しておらず、車内で手持ちのICカード乗車券に一日乗車券を記録する。520円なので、520円以上チャージされていないと購入できない(その場でチャージもできる)
他の事業者の一日乗車券を購入すると上書きされてしまう。
一日乗車券を買うと言って乗務員に操作をしてもらって、タッチすると520円引き落とされ、一日乗車券情報が記録される。次からの乗車はタッチをすると、一日乗車券であることと日付が表示される。

千歳烏山駅→関東バス烏01→寺院通り4番

菩提寺である妙壽寺で先祖の墓参と、このお方のお墓参りもする。

同じお寺であることを知ってから、次は必ずお参りしようと思っていた。生前大原さんもファンの方にお参りできるようにしたいと記事にあったので、僭越(せんえつ)ながらお線香を上げお参りをした。
大原麗子さんは平成21年8月21日に62歳で亡くなり、戒名は華麗院妙舞大姉。
休憩所で発見。

3:00頃から登場


循環系統なのでどちらの方向も同じ停留所にやってくる

一日数本の五日市街道営業所行きを待つ

運転士用ダイヤを見ると、数往復してから車庫に出入庫するようだ。

寺院通4番→烏01→五日市街道営業所

五日市営業所→中36→大法寺前(新高円寺近く)

新高円寺で所用を済ませて、中野へ。

大法寺前→中36→中野駅

中野ブロードウェイの中にある、しょこたんのお店、mmts(マミタス)を見つけてもう一つの所用へ。


牡蠣の味を楽しみたいので、塩とレモンでいい。水道水でジャージャー洗ってしまっているので、海水分は残っていないので塩を足す。パカッと開けて海水で洗ったのが一番おいしいに決まってる。
牡蠣は産地によって全然味が違う。白い部分の内臓がたくさんあるものと、あまりないものの差かもしれない。
おいしかったお酒がこれ。

三重県四日市市のタカハシ酒造、天遊琳それも牡蠣限定というもの。山田錦で55%精米だからそれはおいしいはず。白ワインのような華やかさと日本酒の持つ旨みを兼ね揃えた逸品。

http://yamanaka-sake.jp/stock/1695
中野からJRでもよいが、せっかくだからバスに乗ろう。

中野駅→宿06→新宿駅西口

堀越学園前というバス停を通過。中野ということは何となく知っていたが、こんなところにあったのか。

湘南新宿ライン
新宿→横浜
乗車した関東バスのほとんどが、車内アナウンスが何を言っているのかわからない。
一般的に私鉄バスの方が公営バスよりサービスはよいと思ったのだが。
発車から降車まで一度も声を出さなかった小湊バスよりはずっとよいのだけれど。

コメントを残す