狩猟免許の更新

狩猟免許の有効期限は3年間
今年の9月に3年目がやってくる。
更新しなければいけないのはわかっていたが、そういえば試験も夏だった。
神奈川県のページを見ると、4回更新講習があり、そのうち2回はとっくに終わっていた。あと2回残っていればいいと思ったらがっかりなことがわかった。

講習会名 日程 受付期間 会場
第1回 6月2日 (金) 5月8日
5月18日
(月)
(木)
から
まで
かながわ県民センター
(横浜市神奈川区鶴屋町2-24の2)
第2回 7月3日 (月) 6月5日
6月15日
(月)
(木)
から
まで
横浜市開港記念会館
(横浜市中区本町1-6)
第3回 8月11日 (金) 7月10日
7月21日
(月)
(金)
から
まで
海老名市文化会館
(海老名市上郷476-2)
第4回 9月14日 (木) 8月21日
8月31日
(月)
(木)
から
まで
小田原合同庁舎
(小田原市荻窪350-1)

前半2回が横浜市で開催
第3回は海老名市、第4回は小田原市で受講しなければいけない。
朝9時45分までに行かなければならないので、そうなると海老名市にしておいた方が良さそう。
早速申請書を県庁に持って行こうと思ったら、それぞれに受付期間があり、海老名市での受講はまだ受け付けていない。
免許一種類に付き2900円の申請料が必要で、網・わな・第一種銃猟の3種を持っているので、8700円もかかる。
当日は身体検査をして(視力・聴力・運動能力)さらに「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法令」、「鳥獣の保護管理に関する知識」及び「鳥獣の判別及び猟具の取扱い」について合計3時間程度行います。
ちなみに申請先は横浜・川崎市民は、神奈川県庁の
環境農政局緑政部自然環境保全課 野生生物グループ
という一度で覚えられない部署へ提出する。
無事申請が終われば、8月の山の日に早起きをして海老名に行くことになる。

コメントを残す