温水洗浄便座交換


住宅設備用の安めのものを購入。14000円前後なので安い。
設置に必要なパーツは別売りで、最低限のものしか入っていない。新規に設置するには別売りパーツが必要。
同じパナソニックのものが付いていたので楽勝だろうと高をくくっていたら、分岐する場所が全く違う。
今までは水道管に分岐をつけてそこからタンクと便器に分かれていた。
ところが今回のものは、水道管とタンクの間に分岐をつけるようになる。
いったん、この団地に入居したときの状態に戻す必要があった。さらにタンクの配管の間に入れるので、切るかフレキシ管を使う必要がある。
フレキシ管は前のものに入っていた、レンチが足りないのも前のものの簡易工具で締められた。何とかできたが、漏電遮断機内蔵コンセントから通常のものになったのでアースをした方がいいし、見栄えが悪い。
水道も蛇口タイプでなんだか古めかしくなった。
2000円投資して脱臭機能付きにしたが、座っている間ずっとファンが回っているのでそれはうるさいことに気がついた。まあ、長居するところでもない、ということにしよう。

フレキシ管はくねくね曲がるようで、実は堅い。繰り返し曲げると折れてしまうので慎重に行う。L字の管でつながっていたが、切るわけにはいかないのでこうなった。
退去時の原状復帰に苦労しそう。戻せるだろうか。

コメントを残す