石窯ピザ

外食に行くなら、うちで作れないものを食べたい。
似て非なるものは作れても、かなわないものとしては、やきとり、うなぎ、天ぷら、お寿司、そして石窯ピザ。
グリルに入れて焼く小さなフライパンのようなものを買って石窯に近づいたけれど、当然同じものはつくれない。以前石窯について調べてみると、常時火をたいていないといけないので、ガス代だけで一日数千円かかるとあった。都心で次から次へとお客さんがやってくるようでないとコストが上がってしまう。
27センチなので日本では大きめだけれど、気まぐれピザという名前で2000円超え。
黒いのはオーリブのみじん切り、アーティーチョーク、プロシュートなどなど。

トリッパのトマト煮も歯ごたえがあっておいしい。トリッパは牛の第二の胃、センマイのこと。
豚も牛も胃はどれも食べやすい、内臓脂肪がないせいだろうか。
歩いて行く途中にキバナコスモスを発見。この時期に咲くのかあ。

コメントを残す