少し遠い居酒屋で

地元で人気の居酒屋で、二度目の来店。

冬野菜の蟹みそバーニャカウダがおいしそう。

お店のメニュー

実際はちょっと野菜がショボい。

少ししょっぱめの蟹みそとカニの身、今まであったようでなかった、これがおいしい。瓶の蟹みそがあるので、うちでもやってみよう。

お刺身盛り合わせは3点と5点があって、内容を聞くと+2はあまり魅力がなかったので3点盛り。

ブリ、メジマグロ、目鯛

この季節最初で最後になるだろう鮟肝ポン酢。

鮟鱇の肝をおおざっぱに刻んで、ソーセージのように包んで整形して蒸すとできあがる。
意外に簡単。

作り方
https://temaeitamae.jp/top/t5/aaa/handled.fish.3.html

三浦産カサゴの唐揚げ。頭がないのはなぜだろう。

魚は唐揚げでも天ぷらでもおいしい。

日南鶏のレバーとつくね。まあまあの新鮮さ。

日本酒のラインナップにこだわりがあるが、もう一歩。

天青と泉橋だけ。季節限定の日本酒もあったが、半合で600円だったのでやめる。泉橋も天青もどちらも神奈川を代表する名酒蔵。天青は絞りたてはシャンパンのようで、泉橋は海老名で酒米から栽培しているこだわりよう。どちらもお酒の種類は多い。
それでも、純米が飲みたいと二種類しかなくなる。せっかくなので同じ銘柄は飲みたくない。
防空壕蔵は天然の乳酸菌で醸造する山廃仕込み。燗酒がおいしいはず。

五島うどんの地獄炊き。本来は釜揚げうどんのように、茹でたうどんを鍋からとって、つけだれで食べる。旅人がこれを、しごくおいしい、と言ったことから地獄炊きになったという説もあるそうだ。

稲庭うどんのように平べったくなく、丸くて細いうどん。そうめんのように腰がある。蕎麦の方が絶対的においしいと信じてきたが、ここ数年はうどんのおいしさにも目覚めた。
料理はおいしい、でも少し何か物足りない、そんな感想。