めまいその後

年明けに苦しんだめまい、あれからどうなったか。
めまい自体は治まっているものの、頚コリが痛くてときどき血流が上がってきてめまいが起きたときと同じような感覚になることがある。あのときは、この後にめまいがやってきた。薬は飲んでいないが、めまい止めの薬を飲んでいて、めまいが治まっているような感覚。

過敏性腸症候群の薬を飲むことがあって、あの薬は神経に効く作用があるので、おなかは痛くないものの、それが薬で抑えられているのがわかることある。あ、いま本来ならおなかが痛いんだなと。あの薬の欠点はおなかが少し痛いのでトイレに行っても、何も出せず(出ないで)おなかの痛みが治まらないこと。おなかの痛みそのものは大したことがないのだが、いつもならここでトイレに行くと治ると考えると、小さな副作用。あの薬は要するに、不必要にトイレに何度も行かなくて済むように調節するように働く。

めまいの再発はかなり恐ろしいので、とにかく頚コリを軽減して頚も定期的に自分でつぼをマッサージして、再発が起こらないようにしたい。
めまいを沈める神様を安置した神社を作りたいくらい。