店頭のキャラクター

六角橋商店街の近くで、はじめて見たお顔。

城南信用金庫の店頭にいたから、城南信用金庫のキャラクターなのかも。

名前判明。

信ちゃんは、昭和38年に信用金庫のマスコットとして誕生し、昭和40年代~昭和60年代にかけて全国の信用金庫のキャラクターとして利用されてきました。当時は当金庫においても、コツコツと貯蓄に励むマスコットキャラクターとして、信ちゃんが大活躍いたしました。


(高崎信用金庫より)

川崎信用金庫や横浜信用金庫などのページを見ても、信ちゃんはいない。昔は全国的にこのキャラクターだったのかもしれないが、現在も採用しているのは少ないみたいだ。


(城南信用金庫より)

このキャラクターだけSのマークが逆だ。
働いているようで子どものようでよくわからないキャラクター。


(城南信用金庫より)