大倉山散歩

東横線の菊名のとなりの駅で各駅停車しか止まらないが、港北区役所の最寄り駅。橋の上は東横線の高架かと思ったら、東海道新幹線がすごいスピードで通過するのが見えた。

港北区役所が大倉山駅東口側に移転してきて人口が集中し、西口商店街が廃れてしまう危機になった。そこで西口商業協同組合が知恵を出し合った。そこで地元にある大倉山記念館(元大倉山精神文化研究所)のプレヘレニズム様式をコンセプトに商店街を展開することにした。

大倉山記念館(横浜市が展覧会場として管理)

裏側

6メートルの道路を商店が2メートル後退することで拡張して、建物にも厳しい制限を付した。横浜市の、地域まちづくりルールの認定も受けているので、勝手なことはできない。

大倉山エルム通り商店街

携帯ショップもこの通り。

大倉山記念館がある大倉山公園には、広大な梅林、東急関係者しか参拝できない東横神社がある。
東横神社

天照大神(あまてらすおおかみ)
[合祀]渋沢栄一(しぶさわえいいち)
[合祀]五島慶太(ごとうけいた)
他43柱の東京横浜電鉄・目黒蒲田電鉄の功労者

ピクニック園地。園地という表現を神奈川でよく見る。

人がまったくいないのが、東京と横浜の違い。東京(もちろん23区内)なら必ず誰かしらいるが、横浜はまったく人がいないことがある。そこも横浜が気に入っているところ。

大きなモミジの木があった。秋にはさぞかしきれいだろう。次は缶ビールを持ってこよう。